子宝運に恵まれるために

トップページ 子宝運に恵まれるために

子宝運に恵まれるために

子宝運を高める開運術もあります。子宝に恵まれていないと感じる方がいらっしゃったら、試してみるのも良いかもしれません。子宝を望んでも、なかなか妊娠にいたらないことがあります。そういう時、不妊治療の前に子宝運を高めることを実行してみるのも、方法の一つかもしれません。

 

今、話題になっている方法に、子宝草を栽培するというものがあります。カランコエは多肉植物ですが、1枚の葉の縁からいくつもの小さな芽が芽吹きます。生命力に富み、次々と子株を生み出すため、子孫繁栄の願いに通じる植物だといわれています。

 

子宝運の上昇に効果的であり、口コミ情報では子宝草を育てていた女性が出産した後に、妊娠を望む別の方へプレゼントするとさらに効果的だといわれます。子宝のための開運を目指すなら、縁起物を身近に置くこともできます。特に、飛騨高山の物産品の「さるぼぼ」がおすすめです。

 

赤色は、無病息災に効果があるといわれています。その赤い色を使って作った、サルの赤ちゃんを模した郷土玩具です。「災いがサル」にかけて厄除けのお守りになっています。安産のお守ともされるので、妊婦さんには丁度良い開運グッズではないでしょうか。それから風水でみると、子宝運を上げるためのおめでたい絵があります。

 

子どもを望む夫婦の、寝室の北側に飾るといいといわれるのが、ザクロの絵です。ザクロは、安産と子育ての神・鬼子母神の象徴です。昔から、子宝運を高める吉兆絵といわれています。また、女性に幸運をもたらすといわれるのが、さんかんです。ザクロ・橘(たちばな)・桃のことです。

 

特に、子宝運によいとされています。子宝に恵まれやすい体を作るために、根菜類を食べる方法もあります。子宝運を司る方向、北、東北、南西に幸運につながる縁起のよい物を置く方法などもあります。いろいろなやり方があります。開運のために試して、子宝運をアップしましょう。